宮古田老のランチ、外はカリッと中はホロホロ「どんこ丼」

どんこはエゾイソアイナメとよばれる魚です。
よくテトラポットの穴釣りや夜釣りでよく釣れる魚です。
深海魚ぽい見た目で奇妙な魚と思う人もいるかもしれません。
ですがこの魚は白身でとても美味しいと評判は僕の中で高いです。

以前、宮古の田老の地区に行くことがあったため、そちらでごちそうになったごはんのご紹介です。
この田老は漁師が中心の町になります。

道の駅でランチをするとなると善助屋で一択になります。
善助屋ではランチのメニューがご用意されています。

今回は善助屋の看板メニューとなっている「どんこ丼」を頼みました。
この「どんこ丼」はどうだったのかをご紹介していきます。

個人向けワードプレス運営コンサル|仮想駄菓子 | 宮古田老のランチ、外はカリッと中はホロホロ「どんこ丼」

こちらが「どんこ丼」になります。どんこは唐揚げです。
どんこの唐揚げをどんぶりに載せて食べる。
それが「どんこ丼」です。

実際に食べての感想ですが、外はカリっとした衣で中はホロホロとした白身が口の中に広がります。
衣はザックザクとフリッターのような味わいで、その上から甘辛いタレがかかっています。下のごはんまでタレがかかっており半熟卵の相性と抜群です。

みなさんも善助屋に寄って食べてみてはいかがでしょうか。
絶品ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ホームページで安定収入
Copyright (C) 2024 All Rights Reserved.